交通事故に遭った時に役立つ情報を配信します。

交通事故info

交通事故の治療はどの病院に行けばいい?

投稿日:2018年1月24日 更新日:

交通事故に遭ってしまった場合は、たとえ自覚症状がなかったとしても、早めに病院に行き、継続して治療を行うことが損をしないためのポイントです。

【要確認】むち打ちで慰謝料を請求する方へ

通常、むち打ち症状で半年間通院しても、60万円前後の慰謝料しか受け取れない方が大多数だと思います。しかし、交通事故のむち打ちで数千万円を獲得する人が存在します。

60万円前後をもらう人と数千万円を獲得する人との差については以下のページをご確認下さい。

【交通事故のむち打ち慰謝料最高額化完全版】レントゲンMRIにも写らないのに12級逸失利益満額取った話

交通事故に遭ったらまずは病院へ

交通事故に遭った際は、すぐに病院に行くべきです。その理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は、交通事故に遭った直後に自覚症状がなくても、実は大きな負傷を負っていたというケースがあるからです。むち打ちもそのひとつです。事故直後は興奮状態に陥っているため、怪我の痛みを感じづらいことも自覚症状が出にくい理由です。

そして肝心なのが2つ目です。「時間がない」「どこも痛くない」などの理由で病院に行かないことです。これは一番やってはいけないことでもあり、最悪の場合、損害賠償でトラブルになってしまう可能性があります。

損害賠償請求には「医師の診断書」が必要です。その診断書は、交通事故で負った怪我だという「証明」にもなり、これは損害賠償請求においてとても重要な書類となります。

しかし、1つ目の理由によって、痛みがないからとすぐ病院へ行かず、交通事故に遭ってから時間が経って、自覚症状が出てきたからと病院に行っても、それが事故による怪我なのか証明することが難しくなり、医師が交通事故による怪我だという診断書を書いてくれないケースが出てきてしまいます。

まとめると、適正な損害賠償を受けるために大事な、「交通事故による怪我だ」という証明にもなる診断書をもらうため、「すぐ病院へいく必要がある」ということです。

最悪、その怪我が交通事故で負った怪我だと証明できなかった場合、全て自己負担で治療費を払うことになってしまうので、「事故に遭ったらすぐに病院に行く」と言うことは絶対に頭に入れておいて下さい。心身ともに被害を受けて、さらに多額の医療費も支払うことになってしまうようなことだけは避けましょう。

どの病院でもいいわけではない

すぐに病院に行くことが大事だとお伝えしましたが、ただ「病院に行けばいい」というわけでもありません。大事なのは、「継続して治療してくれる」ということ、「手続きの手順」です。

保険会社に連絡をした時点で、どこかの病院をすすめられる場合もありますが、その時点で病院を決めるのはおすすめできません。どの病院でもいいと簡単に決めてしまうと、治療を途中で打ち切られてしまうこともあり、継続して治療ができなくなるケースもあります。

治療期間や通院日数で支払われる慰謝料の金額が変わるため、正当な慰謝料をもらうためには「継続した治療」が必要です。途中で治療を打ち切ってしまうと損害賠償請求ができなくなり、自己負担で治療費を支払うことになってしまいます。

ですので、しっかりと慰謝料をもらうためには、専門的な知識を持ち、かつ交通事故治療に特化している治療院の施術を受けること、そして、継続的に治療を続けてくれる治療院を選ぶことが大切です。

正しい判断ができるか不安な人は

病院選びや手続きの流れによって、もらえる慰謝料や損害賠償請求の金額が大きく変わってくるので、自分にちゃんと判断できるのか不安に思ってしまう人も多いと思います。そのような時におすすめなのが、交通事故での治療手続きのサポートから、交通事故に強い治療院(接骨院・整骨院)も紹介してくれる「交通事故病院」です。

この「交通事故病院」は、交通事故による怪我の施術を専門的に扱う全国の施設と提携しているため、安心して治療・施術に専念することができます。どのような手続きをしていけばいいのかも、専門のスタッフがサポートしてくれますので、考え込まずに安心して生活を送ることができます。

すでに治療を始めている場合でも、正しい手続きを踏めば、交通事故の治療に強い治療院に転院することができます。その転院の手続きに関しても、交通事故病院がどのように手続きを行えばいいのかしっかりとサポートしてくれます。

24時間いつでも対応してくれますので、日中忙しい方や、すぐに治療院を見つける必要がある人にもおすすめです。

相手の保険会社とのやりとりもサポート

交通事故の被害者の場合、相手の保険会社とのやりとりをする必要があるのですが、対応を間違えてしまうと保険料が支払われなくなる可能性があるため、ある程度の知識も必要になってきます。

そんな保険会社とのやりとりについても、「交通事故病院」であれば専門の相談員が、どんな受け答えをすればいいのかしっかりとサポートしてくれるので安心です。

ニーズに合った治療院を紹介してくれる

一概に病院と言っても、自分の状況に合った病院を選ぶことが大切です。

「夜遅くまで営業しているところ」
「最寄駅のすぐ近くがいい」
「子供も一緒に連れて行けたら」
「駅から遠いので無料駐車場があると嬉しい」

交通事故病院であれば、これらのニーズにマッチした治療院を紹介してくれます。

これだけのサービスなので、別途費用が発生するのではと心配になってしまうと思いますが、手続きや治療に関する相談は全て無料で利用することができるので安心してください。

自賠責保険が適用されると、通院する際の費用も自己負担0円となります。

示談交渉や慰謝料に関しても相談も

アフターフォローのサービスも充実しており、交通事故専門の弁護士に、示談交渉や慰謝料請求に関する相談もすることができます。

さらに、交通事故病院を利用して通院が開始された人には、25,000円の「お見舞金」が支給されます。自賠責保険の適用によって自己負担はゼロ、不安なことも全てサポートしてくれますし、さらにお見舞金ももらえるので、利用しないと損です。

どの病院に行けばいいのかわからない方、事故に遭っていろいろ不安な方は、交通事故病院を利用して、焦らず安心して治療に専念しましょう。

利用者の声

自宅近くの整骨院を紹介してもらいました!
埼玉県所沢市 山口雅紀さん(37歳・男性)

2ヶ月ほど前に追突事故に巻き込まれ、首の付け根から腰まで痛かったので、保険会社の紹介してくれた整形外科へ行きました。ところが、事故状況や症状について話しても、痛み止めと湿布しか処方してもらえませんでした。

この処方で治るのかどうしても不安だったので、病院を変えようとネットで調べていたら交通事故病院にたどり着きました。整形外科の対応なども話した上で、自宅近くの整骨院を紹介してもらいました。

交通事故の治療に特化しているとのことで、痛みのある部分や今後の治療についても詳しく教えてくれ、さらには保険会社とのやりとりもサポートしてもらえました。仕事にも早々に復帰できてよかったです。ありがとうございました!

19時以降も営業している治療先を紹介してもらいました。
愛知県名古屋市 関根ミカさん(28歳・女性)

「仕事帰りに、交通事故にあい、通院が必要になるほどの打撲は初めてで、どうやって治療先を探したらいいのか分かりませんでした。

保険会社から、医者の診察も必要と言われましたが、整形外科医のいるところにかかったうえで、整骨院でしっかり治療してもらう方がいいのかどうかわからず、交通事故病院へ電話をしました。

仕事上帰りが遅いので、出来れば職場や自宅の近くで、19時以降も営業しているところを探してもらいました。すごく親切でいい先生を紹介してもらえてよかったです。


-未分類

Copyright© 交通事故info , 2019 All Rights Reserved.